自分の最後を考える~納骨堂で負担も少なく自分のスタイルができる~

一時的でも使用可能

Funeral hall

人は最後を迎えると墓に収まります。納骨堂では、様々なタイプが容易されているので、お客様に合ったプランを見つけることができます。通常おの供養方法よりも値段がリーズナブルなこともあり利用者が増えています。

Read More

東京都内の納骨堂

Funeral hall

東京のお墓の値段は高いですし、不便な場所にあるケースが多いので今後は納骨堂を購入する人が増えるだろうと予想されています。納骨堂の場合は、将来的に合祀される仕組みになっているのが普通なので事前に確認しておく必要があります。

Read More

東京の墓不足

東京のお墓不足について

東京は日本の首都ですから、様々な種類の民間企業や公的機関が集中しています。そのため、人口も必然的に多くなっています。昔は、国民全員が必ずどこかのお寺の檀家になるという決まりがありました。そうしておいた方が国民の統治がしやすくなるという便宜上の理由だったのですが、家族が亡くなった場合には、檀家になっているお寺のお墓に埋葬するというルールができていました。しかし、檀家制度が廃止されたことに加えて、地方から東京に移住する人が多くなった影響で、東京で深刻なお墓不足が発生しました。そのため、日本で最初の大規模な公営霊園が東京都内に作られました。でも、人口の一極集中が進む一方だったので、お墓不足問題を完全に解決することはできませんでした。その次の手段として注目を集めるようになったのが、納骨堂をお墓代わりに利用するという方法です。現在では、東京のあちこちに宗教や宗派に縛られない納骨堂が数多く建てられるようになっています。

今後のお墓事情について

東京の都心部には、全国的に名の知れた公営霊園があります。有名な歴史上の人物のお墓もありますので、まるで観光地のようになっています。とても交通の便の良い所にありますし、霊園内の管理が行き届いていますので、自分もここにお墓を購入したいと希望する人がたくさんいるのですが、人気が高すぎてなかなか購入することができません。東京都内でも郊外の方へ行けば、お墓の空きがまだあります。ただし、かなり不便な所なので、お墓参りに行く頻度が確実に減ってしまいます。その点、納骨堂の場合は、交通の便が良い所に建っているケースが多いです。また納骨堂の値段はお墓よりもリーズナブルですので、購入しやすいというメリットがあります。そのため、今後は納骨堂をお墓代わりに利用する人がさらに増加していくだろうと考えられています。

費用を抑える

Funeral hall

お墓よりも安い値段で買える場合が多いため、納骨堂の購入希望者が増加しています。ただし、購入時に代金全額を払い込んでも、その後に毎年維持管理費が発生する仕組みになっているところもありますので、注意する必要があります。

Read More